ゴスペル教室を、杉並だんすアトリウム-3で開きませんか?

ゴスペル教室の開講を、オススメする理由は3つ!

 

スタジオスクエアが、杉並ダンスアトリウムでゴスペルの開講を

オススメする理由は、3つあります。

 

  1. ゴスペル教室に適した室内構造
  2. 近隣に競合の教室が少ない
  3. 教会ではない場所でやっていることこそ、魅力になる

 

ゴスペルとは

ゴスペル‐ソング【gospel song】
黒人霊歌・ジャズ・ブルースなどの影響を受けた福音歌。アメリカの黒人教会で1920年代からさかんになった。現在は教会の外でも広くうたわれる。ゴスペル。
出典:広辞苑

ステンドグラス画像

 

ゴスペル教室に適した室内構造

杉並ダンスアトリウム-3は、 森の教会をイメージしたスタジオで、天井が高いことが特徴です。

天井の形状は、船底天井のため、ゴスペルを気持ちよく歌うことができる建物の構造をしています。

 

「船底天井」とは、文字通り船底を逆さまにしたような形の天井で、中央の部分が周囲より高くなっています。

 

この形のおかげで、音の伸びが良くなり、視覚効果としても、天井がより高く、空間を広く感じることができます。

また、73㎡という広い空間は、舞台などで発表することを想定した練習の時も、普段通りのイメージのまま、挑戦することができるはずです。

 

「目でも、耳でも、気持ちよく歌えるスタジオ」がダンスアトリウム-3の魅力です。

 

ゴスペル教室にオススメの船底天井

 

近隣に競合のゴスペル教室が少ない

お教室を開き、集客をする上で、競合他社がないということは、非常に大きな強みとなります。

 

世田谷線と京王線の2路線が使える、下高井戸駅から徒歩1分の好立地にありながら、

音楽用のホールとして使えるスタジオは、大変魅力的ではないでしょうか。

また、コロナウイルスの影響もあり、声を出すようなお教室の場合、距離をとって練習をするためにも、広い空間が必要になります。

 

迫力のある音量での発声をされるのであれば、ダンスアトリウム-3のような広い空間であることは、安心材料にもなります。

 

 

ゴスペル教室を教会ではない場所で開くメリット

教会ではない場所で教室を開くことは、逆効果ではないの?と思われるかもしれませんが、

“クリスチャンじゃないけれどゴスペルには興味がある。”という生徒さんでも、

気軽に通える教室を開くなら、非常に魅力的な条件になると思います。

実際に、映画GOSPEL の予告編でも、映画を見た多くの人が、「自分はクリスチャンではないけれど、ゴスペルを歌いたい」と言われています。

 

映画『GOSPEL』予告編 – Bing video

 

教会の荘厳な雰囲気に憧れはあるけれど、敷居が高いと感じる人たちにとって、

「協会ではない場所でゴスペルを習うことができる」ということは、強力な後押しになると思いませんか?

 

 

杉並ダンスアトリウム-3は、定期予約制のスタジオです。

毎週、同じ曜日の同じ時間に、お教室を開くことで、生徒さんの定着率を高め、

集客やスタジオの確保のために使う労力を、教室の内容に集中することができます。

 

また、ペダル付きの電子ピアノ 88鍵盤を完備。(杉並ダンスアトリウム-3 備品詳細はこちら)

スタジオをレンタルしていただくことで、スタジオにある電子ピアノを無料で、ご利用いただくことができます。

 

少ない負担で、お教室を開きたい。まずはチャレンジしてみたい。

そんな先生を、スタジオスクエアは全力でサポートします。

 

ゴスペル教室に最適な広いスタジオ

 

少人数利用に最適な杉並ダンスアトリウム-2

杉並ダンスアトリウム-3だけではなく、杉並ダンスアトリウム-2にも、

電子ピアノ 88鍵盤を完備しております。(杉並ダンスアトリウム-2の備品詳細はこちら)

まずは、少人数で始めたいという方であれば、杉並ダンスアトリウム-2もお勧めします。

 

まずは一度、スタジオに見学にいらっしゃいませんか?

ご連絡を、心よりお待ちしております。

スタジオスクエア お問い合わせ 杉並だんすアトリウム

TOPへ戻る

Print Friendly, PDF & Email